So-net無料ブログ作成

《親善試合:なでしこ vs オランダ》2015-11-29 Sun [サッカー]

[サッカー]1:3で負け。
FW:大儀見・有町、MF:宇津木・宮間・阪口・中島、DF:鮫島・熊谷・長船・有吉、GK:山根 。CKで置いたボールが動いてしまうほどの強風と人工芝のグラウンド、しかもアウエイ。風下のなでしこ、悪条件下の試合ではあるが、ミスが目立つ。前半4分、中盤のパスミスをカットされ早くも失点。その後、決定機が何度かあったが決められない。ゴール前なのに相変わらずシュートよりパスを選んでしまうことに苛立つ。オランダは寄せが早く日本はなかなかボールを回せない。そうこうする内に21分、鮫島がボール処理を誤り奪われて失点。前半のオランダのシュートはこの2本だけだった。これじゃ主導権は握れない。大儀見は3本ぐらい決定機を外している。決めろよ!

後半、有町→菅澤、中島→増矢。宇津木がSBに下がり鮫島がMFに上がる。選手間の距離が近くなり見違えるようにパスがつながり始める。増矢がいい。中盤でよくボールをキープして後ろから選手が上がる時間が作れるようになった。4分、ゴール前で細かいパスがつながり、最後は阪口のシュートが決まって1点を返す。15分、鮫島→杉田、長船→川村。25分、山根→山下。29分、宇津木→横山。交代だけが目立ち試合は一進一退。32分、何もやっていない明らかなシミュレーションなのにPKを取られてしまい3点目を奪われる。これで負けは決まりかな。ちょっと今日の主審がひどいが、なでしこは選手の交代が多すぎてリズムが崩れてきたのも確か。シュート2本か3本とPKで3点。オランダは効率いいよなあ。なでしこは何本も何本もパスをつないでいるが1点しか奪えない。労多くして実り少なしだ。今年最後のなでしこの試合は負け。点差は完敗なのだが試合内容ではむしろ勝っていて、ミスとシミュレーションで負けたというのが悔しい。新しい戦力を見つけることはできなかった。男子もだが女子も五輪は厳しいねえ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《W杯2次予選:日本 vs カンボジア》2015-11-17 Tue [サッカー]

[サッカー]2:0、辛勝。物足りない。
ワントップ:岡崎、2列目:宇佐美・香川・原口、ボランチ:山口・遠藤航、DF:藤春・槙野・吉田・長友、GK:西川。シンガポール戦から8人を入れ替えた。今日の日本の白いユニホーム、今までで一番ひどい。すごいね、2次予選で初めてスタンド満員のアウエイゲーム。。カンボジアは空前のサッカーブームだとか。雰囲気は最高だ。前半は0:0。人工芝、使い慣れないボール、初めて組むメンバー、そしてカンボジアの5バック。4重苦の日本だが、それでもミスが多すぎる。チャンスらしいチャンスは香川のクロスに飛び込んだ藤春のシュートがポストに阻まれた、それだけ。嫌なムードが漂う。

後半、遠藤に代わって柏木投入。途端に攻撃のリズムが良くなる。U22五輪代表で唯一出場していたが、ダメだった。五輪代表はこの半年ぐらい全く試合もなく、来年1月カタールで予選が始まる。3チームしか出られない。今回はダメかも。後半始まってすぐに香川が倒されPKを獲得。しかし岡崎がはずす。なんで岡ちゃん?他にいるだろうよ。後半6分、柏木のFKを岡崎が、と思ったが多分オウンゴールで、ようやく先制した。17分、今日まったく消えていた宇佐美に代わって本田イン。宇佐美はやっぱり並の選手か。40分、岡崎に代わって南野イン。遅すぎる。45分、藤春の正確なクロスに本田が飛び込んでヘッドでゴール!今日一番気持ちいいプレイ。もっと見たかった南野。シュート1本で終わった。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《W杯2次予選:日本 vs シンガポール》2015-11-12 Thu [サッカー]

[サッカー]3:0で楽勝。
ワントップ:金崎、2列目:武藤・清武・本田、ボランチ:長谷部・柏木、DF:長友・森重・吉田・酒井宏樹、GK:西川。久しぶりに新鮮なメンバーが入って、しかも活躍。金崎の見事なボレーが嫌なムードからチームを救った。柏木が遠藤の穴を埋めてくれた。後半は疲れて攻めが単調になってしまったのはいただけないが、まあ満足。香川、宇佐美、原口が入って、また攻撃が活性化したし。とにかくチーム力が落ち着いてきた。本田は試合にあまり出てないせいか後半バテてたねえ。酒井宏樹のセンタリングの精度の悪さは相変わらず。ウッチーの復帰が待たれる。次のカンボジア戦では南野が見たいねえ。

1点目:前半19分、右サイドからの本田のクロスを武藤がヘッドで折り返す。センターにいた金崎が胸でトラップした後、ボレーシュート。ゴール右隅に決まる。久々に見たFWらしい個人技が光るゴール。2点目:前半25分、長谷部からの縦パスを金崎がワントラップで右サイドに走りこんだ清武へパス。清武はダイレクトでゴール前にいた武藤へ。武藤がDFと競りながら後ろへトラップ?パス?したボールを斜めに走りこんでいた本田がダイレクトシュート!これがDFの足に当たってゴールに吸い込まれた。日本らしい短いパスをつないだゴール。3点目:後半41分、柏木の右CKを吉田がヘッド。相手がクリアしたボールを宇佐美がシュート。これをゴール前にいた吉田がコースを変えてゴール!意図的というより偶然足に当たったようなゴールで、吉田を褒めるわけにはいかないが・・・以上、記録として記しておく。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ