So-net無料ブログ作成
検索選択

《キリン杯:日本 vs ウルグアイ》 2013-8-14 Wed [サッカー]

[サッカー]2:4、完敗。
生では見られず録画で見た。日本のDF陣(特に内田)にミスや軽いプレイが多すぎ、吉田と今野のラインの上げ下げのタイミングが合ってないところも狙われた。戦術以前の問題で猛省すべき、というより今日の試合のテーマは、新しいメンバーと旧メンバーとの“融合”だったのだから、森重か青山を初めから使うべきだった。なんで吉田の交代で入ったのが伊野波なんだ。今日の収穫は柿谷。相手の(味方まで)意表をつくプレイを随所に見せ、チャンスを生みだし、日本の攻撃に新たな刺激を加えてくれた。楽しみ。山口蛍もなかなか良かった。とにかくDF陣に1対1で負けない、強いリーダーが欲しい。柱谷、井原、森岡、宮本、中澤と続いてきたが、今野も吉田もキャラが弱過ぎる。劇薬だけど、トゥーリオしかいないんじゃないの。川島、長谷部もなあ・・・交代の時期かも。

ウルグアイの1点目、自陣からハーフラインを越えてスアレスに出されたパスがすごかった。奪ったボールを普通なら単純にクリアするところを、ウルグアイの選手は前線のスアレスを走らせる正確なパスを送る。スアレスは、ボールが出される前に今野の動きを見てオフサイドぎりぎりで飛び出していた。マークしていた吉田は意表をつかれ、空しくスアレスの背中を追うだけ。足、遅!日本にボールを持たせながら、相手のミスやスキを虎視眈々と狙うウルグアイのサッカーは凄い。これで現在、W杯南米予選5位で出場を危ぶまれているという。ため息です。日本の方がチャンスを作ってるのに点が入らず、ウルグアイはシンプルなサイドチェンジやDFラインの裏へ出すロングボールを、スアレスとフォルランだけで確実に決めている。またまた、ため息。これでカバーニまでいたら、どんなことになっていたのやら。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ