So-net無料ブログ作成

《なでしこ vs ドイツ》 2013-6-29 Sat [サッカー]

[サッカー]2:4で負ける。
GKは福本じゃなくて、福元。DFは鮫島、近賀をケガで欠き、田中明日菜と新メンバーの有吉が入り、真ん中が石清水と熊谷。ボランチは宮間と阪口。攻撃陣は左に川澄、右に安藤、そして大野と大儀見のツートップという布陣。前半は前線からのチェックが厳しいドイツに押され気味。17分にミドルシュートを決められてしまった。男子も女子も、こういうシュートを決められないとなあ。その後、なでしこが高い位置でボールを奪えるようになり、パスがつながるようになって、攻撃のリズムが出て来た。39分、宮間の縦パスを大儀見がDFに競り勝ち、胸トラップからフェイントで切りかえして中央の大野に絶妙のパス。大野がダイレクトでシュートを放ち同点に追いつく。大儀見は今年もいい。倒れないし、くさびに入るのもうまいし、テクニックもある。すっかり日本の大黒柱になった。ミドルシュートは課題だけど、こういうFWが男子にも欲しい。

後半は開始早々にPKを決められ、再び追いかける展開。15分に宮間がFKをポストに当て、跳ね返ったところを大儀見がダイレクトでシュート。見事に決まって追いつく。と、ここまではよかったんだが・・・イングランド戦からの移動と連戦疲れのためか、なでしこの走力がガクンと落ち、40分過ぎからたて続けに2失点、で、敗戦。3点目はドイツのシュートがDFの足に当たって入り、4点目は丸山の不用意なファウルで与えたPKと不運な面もあったが、全体としてドイツの方がパスもシュートも精度が高かった。パワフルで足も速いし、その上にテクニックも上がっている。日本はむしろチーム力がワールドカップ時より下がっている。やはり澤の危険を察知して攻撃の芽をつみとる能力、意外性のあるスルーパスが、なでしこにはまだまだ必要だと痛感した一戦だった。宮間もミスが多くダメダメ。交代で入った丸山、岩渕は何もできなかった。イングランド戦に出場し、ゴールポストに当たる強烈なシュートを放った中島依美の方が全然いい。今日はなぜ出なかったんだろう。ま、本番は、まだまだ先のこと。生きのいい若手が伸びてくることに期待しよう。明日はコンフェデ杯の決勝、ブラジル対スペイン。久々の仕事モードに入り、この宵っ張りのダラダラ生活から抜け出さないといけないんだが、もう1日勘弁してもらおう。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《コンフェデ杯:日本 vs メキシコ》 2013-6-22 Sat [サッカー]

[サッカー]1:2、3連敗で終戦。
前半、押しまくっていた時に得点できない、後半開始早々に失点する、これは3戦とも変わらなかった。変えることができなかった。出場停止の長谷部の代わりに細貝、内田ではなく酒井宏樹、吉田ではなく栗原を起用したが、DFの不安定さは変わらなかった。1失点目は酒井がサントスに簡単にクロスを上げさせ、栗原がボールに気をとられ裏から飛び込んだエルナンデスにヘッドで決められてしまった。最大の懸念はザックの采配だ。失点した途端、酒井に代えて内田を入れた。その内田が体を寄せられずCKに飛び込んだエルナンデスに、またヘッドで2点目を決められてしまった。すると前田を下げて吉田を投入。なんでDFの選手ばかりいじるんだ。これじゃ攻撃のスイッチが入らない。選手ばかりでなくザックも変わらなければ前に進めない。酒井、栗原は自分のダメさを思い知っただけだった。救いは岡崎。よく走るだけでなく、時には巧みなドリブル、フェイントを織り交ぜ、チャンスを生みだした。この大会で一皮向けた気がする。香川も以前と違ってドリブルで積極的に抜こうとするようになり、攻撃のパターンが増えた。後はシュート、特にミドルシュートの威力を高めること。そしてPKを阻止した川島。3失点をくらったら、もっと深い傷を残した。心配なのは今日、足を痛めた長友、そしてこの大会に誰より入れ込んでいた本田。必要以上にへこまないでほしい。もう一度デカイことが言えるようになってほしい。そして、どんな相手に対しても勝負強い日本になってほしい。

もう録画でいいやと思っていたが、やっぱり4時前に起き、生で見てしまった。がっくし&溜息。寝る前に見たテレ東のFOOT BRAIN で、元メキシコ代表監督が「日本はずる賢さを身につけない限り、メキシコには絶対勝てない」と言っていた。チクショーと思ったが、その通りだった。FIFAランキングの17位と32位の差も、その通り。強いチームは、どこで勝負をかけるかのツボを心得ている。番組ではこんなことも紹介していた。メキシコではサッカーが国技で、クラブチームのスポンサーになることが企業のステイタスになるから、こぞって金を出す。そのため選手の平均年棒はなんと3億円(Jリーグでは2~3千万円、メキシコの物価は日本の半分)だそうだ。世界の上位に食い込むためにはマスコミを含め周囲の状況も変わらなければならない。同時にやっていたブラジル vs イタリアは4:2でブラジルが勝利し、3連勝。決勝はブラジル vs スペインだろう。楽しみだ!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《コンフェデ杯:スペイン vs タヒチ》 2013-6-20 Thu [サッカー]

[サッカー]10:0、スペイン歴史的な大勝!
FIFAランク1位と138位の試合。コンフェデ杯でなければ見られない対決。第1戦からセルヒオ・ラモス以外10人の選手を入れ替えたスペインが、容赦なく攻めたて2ケタの得点を奪った。控え組とはいえ、トーレス、ビジャ、シルバ、マタら超一流の選手が顔をそろえ、変わらぬ質の高いスペインサッカーを展開。これが世界一のチームというものだと実感させられた。チーム全員がしのぎを削りながら一丸となって戦う姿勢があった。日本のように控えの選手が、先発の選手を影ながら支えることで満足しているようでは優勝は到底無理。試合の流れの読み方と運び方、敵の動きの裏をつく多彩なアイディア、一方的な試合だったからこそ日本が目指すべきサッカーのお手本が随所に見られた。もちろんタヒチの、最後まで1点取りたいという気持ちにも拍手。サッカーの魅力、醍醐味が味わえた対決だった。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《コンフェデ杯:日本 vs イタリア》 2013-6-19 Wed [サッカー]

[サッカー]3:4、惜敗。メキシコと共に予選敗退が決定。

001.JPG
002.JPG003.JPG
004.JPG
005.JPG006.JPG

香川の素晴らしいゴールを勝ち点に結びつけられなかった。前半2点リードしたのに終了間際にCKから失点したのが痛かった。水を補給しにいった選手がいてみんなの集中が途切れ、マークが遅れてしまったのが悔やまれる。ブラジル戦とはうって変わって、今日の日本は中盤を支配しイタリアを攻め続けたが、そこは百戦錬磨のイタリア、日本の小さなミスをついて得点を重ねた。吉田、しっかりしろ!内田のオウンゴールは吉田の凡ミスから。長友、どうしたんだ?縦に抜く強さはどこへ行った?交代はハーフナーじゃなく乾か清武だろう!イタリアは日本の速さについていけないんだから。朝っぱらから大声をあげ、興奮させられ、そして激しくがっかりさせられた。もうグッタリ。昔だったら善戦したと大いに喜んだ結果だろうが、今はそんな気持ちはまったくない。悔しいの一言。それは日本が強くなった証でもある。コンフェデ後は、守備陣とFWのメンバーを見直さなきゃいけないなあ。トゥーリオのワントップもありじゃないの? 最後のメキシコ戦は勝って欲しい。 「ゴール前で徐行するな」 (スタンドの垂れ幕より)

今日は夜に、なでしこのニュージーランド戦もある。サッカー三昧の日々で幸せ!(仕事しろ!)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《コンフェデ杯:タヒチ vs ナイジェリア》 2013-6-17 Mon [サッカー]

[サッカー]1:6、タヒチがナイジェリアに負ける。
大敗はしたが、初出場の初戦で歴史的な初ゴール。試合を見た人は、みんなタヒチのファンになったのではないか。トラック運転手、体育教師、会計士などアマチュアの選手も混じるタヒチ。ナイジェリアとの力の差は歴然としていたが、選手たちは決してひるまずに全力でぶつかっていった。シュートをはずすと思いっきりくやしがり、ゴールの瞬間はとびっきりの笑顔を見せた。日本は、この初心を忘れてはいないか。後半の9分、左からのCKにファーサイドへ走り込んだタヒチの選手が、190cmのナイジェリアDFよりも頭一つ上にジャンプしてヘッド。見事に決めた。圧倒的な力の差を乗り越えた得点シーン。この瞬間、サッカーの魅力の原点を見た気がして、幸せな気持ちになった。
おめでとう、そして、ありがとう、タヒチ。

DSC00294.JPG
P1070067.JPG
P1070070.JPGP1070073.JPG
P1070075.JPGP1070076.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《コンフェデ杯:日本 vs ブラジル》 2013-6-15 Sat [サッカー]

[サッカー]0:3、ほとんど何もできずに完敗。
岡崎のワントップ(もしくはゼロトップ)、香川、本田、清武、遠藤、長谷部、長友、今野、吉田、内田、川島というメンバーで臨んだ日本だが、彼我の差は大きい。前半3分にネイマール、後半3分にパウリーニョに決められてしまった。いとも簡単に。その直後、清武に代え前田が入り、いつもの布陣になったが状況は打開できない。ブラジルは全員がうまくてボールが奪えないのだ。日本は奪っても後がつなげない。プレッシャーかけられてもキープできるのは本田だけ。倒されてしまうか、ミスパスしてしまう。なす術なく日本のいい所はまったく出せなかった。ため息、ため息。コンディションが悪いのか、みんな全然走れてない。灼熱のカタールから中3日での試合だもんなあ、無理もない。なんでこんなスケジュールなんだろう。遠藤に代わり細貝、残り5分で本田も交代し乾が入る。もう崩壊だなあ。あ~~ロスタイムにも失点。こりゃあダメージが大きい。何にも残らない。忘れて、あと2試合勝つしかない。アジア代表として恥ずかしくない試合をしてくれ!もう悔しくて、眠れん。悔しいのは負けたからじゃない。あれだけ“勝ちにいく”と言っていた選手たちが、失点を恐れビビってしまったからだ。0:4で負けた前回の方がよかった。今年に入って下降線をたどる一方の日本代表。コンフェデ杯が終わったら、もっと新しい血を入れないといけないね。南アフリカの時も予選の時のレギュラー・メンバーは、大会本番で3,4人入れ替わっていたと思う。玉田、俊輔がはずれ、本田、松井がのし上がっていった。そういう選手が出てこないとなあ。頼みますよって、もうコンフェデ杯が終わったような気分になってしまった。いかん、いかん。

それにしてもNHK-BS1、午前中からずっとサッカー番組ばかり。まるでスカパーのサッカーチャンネルみたい。やり過ぎだろう!ずっと見ちゃったじゃないか!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《W杯最終予選:日本 vs イラク》 2013-6-11 Tue [サッカー]

[サッカー]1:0で、W杯予選の最終戦を勝利で飾る!
ハーフナー、清武、香川、岡崎、遠藤、細貝、長友、今野、伊野波、酒井宏樹と、思ったよりレギュラー陣を使ってきた日本。35度の暑さと砂まじりの強風という悪コンディションの中、4日にオマーンで戦って時差のないイラクの方がエネルギッシュで出足がいいし、球際も強く、苦戦を強いられる。ハーフナーは相変わらずボールをキープできず、彼の高さを生かすような攻撃の形もないから、ほとんどチャンスが作れなかった。清武と香川が創造的なうまいパス交換でシュートまで持ってった、それぐらい。後半、清武に代わって中村憲剛、ハーフナーに代わって前田が入ったが、状況はあまり変わらず。このまま終われば、かなりのダメージを持ってブラジルへ行かなければならなかったが、後半35分にイラクの選手が2枚目のイエローをもらい退場。そして43分、カウンターから岡崎が中央をドリブル突破、左サイドを一気に駆け上がった遠藤へパス。遠藤は落ち着いて中央にゴロのパスで返し、岡崎が足を思いっきり伸ばしてゴールに流し込んだ。やっぱり決めるのは岡崎だ!今日の収穫は伊野波だけかな。要所、要所でいいプレイを見せた。酒井はデカイのによく倒されていたし、よく抜かれていた。落第。香川はやっぱり使われて生きるタイプ。苦境を自ら打開していく強さは、まだない。さあ、いよいよコンフェデ杯。寝不足の日々が続く。何となく倦怠感が漂う日本代表に、誰か新しい風を吹き込めるか・・・・



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《父の三回忌》 2013-6-09 Sun [雑感]

DSC00227.JPG

早いもので、父の三回忌。
法事の後、家族全員で鬼怒川温泉に行った。1年に2、3回しか会わないチビどもに会えて楽しかったが、毎日つきあうとなると無理。子育てしている人たちはエライ!鬼怒川温泉には何度も来ているが、初めて川下りをし、東武ワールドスクェアにも足を運ぶ。テレビで見たことがあり大したことはないと思っていたが、意外に面白かった。特に東武ワールドスクェアは、世界の有名な建物の普段は見られない屋根上部分も見られて興味深かったし、建物周辺に無数に置かれている人形がいい。ホワイトハウスにはオバマ大統領一家、万里の長城には『西遊記』の4人、他に『水戸黄門』の3人や今話題のゆるキャラたちが、観光客に混じってさりげなく置かれている。それを見つけるのが結構楽しいのだ。いやあバカにしてすみません。何でもそうだが、頭から決めつけないで実際に体感しないと駄目ですね、ハイ。あっ、もうひとつ。日光産の天然氷にとちおとめの天然いちごシロップ(果肉入り)と練乳をかけたかき氷が、バカうまだった。ふわふわで口に入れるとさっと溶ける。シロップもさっぱりとした酸味と甘さで後味さわやか。1杯600円でちょっと高いが、オススメです。

【鬼怒川ライン下り】
DSC00239.JPG
DSC00238.JPGDSC00247.JPG
DSC00245.JPGDSC00242.JPG
【東武ワールドスクェア】
DSC00266.JPG
DSC00250.JPGDSC00269.JPGDSC00278.JPG
DSC00257.JPGDSC00258.JPG
DSC00262.JPGDSC00261.JPG
DSC00271.JPGDSC00268.JPG
DSC00273.JPGDSC00274B.JPG
DSC00263.JPGDSC00281.JPG
DSC00283.JPGDSC00282.JPG
DSC00286.jpgDSC00288.JPG
DSC00279.JPGDSC00252.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

《W杯最終予選:日本 vs オーストラリア》 2013-3-04 Tue. [サッカー]

[サッカー]1:1のドロー。本田のPKで追いつき、5回目のW杯出場を決める!
負け試合となったヨルダン戦、ブルガリア戦の悪いイメージを払しょくするため、部屋の掃除をし、床屋にも行って、気持ちも新たに埼玉スタジアムへ向かった。今日の「君が代」は、器楽演奏で気持ちよかった。ああ、それなのに、それなのに、なぜか10代、20代の女の子のグループがやたら多く、私の席の裏にもびっしり。アイドルのコンサートかと思うような黄色い歓声と悲鳴がしょっちゅう響き渡る。何だかなあ・・・で、試合はというと、今日もスカッとしなかった。いやW杯出場を決めたんだから、文句は言いたくないんだけど、素直には喜べなかった。
                         DSC00203.JPG
        DSC00202.JPGDSC00198.JPGDSC00201.JPG   
                 DSC00199.JPGDSC00200.JPG
DSC00194.JPGDSC00196.JPGDSC00197.JPGDSC00195.JPG
                         DSC00193.JPG

先発は昨日合流したばかりの本田、岡崎が入り、お馴染みのメンバー。
結局2年ぐらい、彼らをおびやかす新戦力は出ていない。オーストラリアのロングボール攻勢にも落ち着いて対応してたし、攻撃は本田、香川を中心にショートパスをつないで、よくチャンスを作っていたけど、肝心のシュートがアカン。前半16分の遠藤のシューはゴール枠をはずれるし、後半14分の香川のふわりと浮かしたシュートもクロスバーにはね返されてしまう。本田、岡崎、前田もシュートがDFの足にはばまれたり、GKの正面にいってしまう。チャンスに決められないと、あんなラッキーゴールを入れられてしまうのだ。ミドルシュートの精度を上げないと、上のレベルの相手には勝てない、ショートパスだけでくずすのは限界があると、今日は痛感した。ロングボールでの効果的なサイドチェンジもほとんど無かったし、サイドバックの上がりも遅かった気がする。ザックの交代の采配も、何だかバタバタで不可解だった。前田に代えて栗原を入れ、長友を上げて今野を左SBにしたり、失点すると内田に代えてハーフナーを入れ、長友を左SBに戻し、今野を今度は右SBにした。どうなんだろうねえ。ハーフナーは足下がへたでボールをキープできないし、オーストラリア相手にパワープレイしてもね。ドリブルで切り崩せる乾を使って欲しかった。

それにしても、本田には恐れ入る。最後まで強い気持ちを持って戦っていたし、後半ロスタイムのあの場面でPKをゴールのど真ん中に蹴る度胸にしびれた。やっぱ日本代表は本田のチームだなあ。香川には、もう一皮むけてほしい。長友は、まだケガをする前のキレが戻ってないようだった。コンフェデ杯は3連敗かも。

DSC00176.JPGDSC00177.JPG
DSC00179.JPGDSC00206.JPG
DSC00210.JPG
DSC00217.JPGDSC00225.JPG
DSC00219.JPGDSC00215.JPG

もうひとつの試合、イラクがオマーンに勝ったので、日本の1位通過が決まった。最後のイラク戦を消化試合にできるのは吉報だ。2位はオマーンで残り1試合。3位のオーストラリアは2試合を残している。もしオマーンが最後のヨルダン戦に勝つと、オーストラリアはヨルダンとイラク戦、2つとも勝たないと2位にはなれない。A組はどうなるかわからない。韓国が最下位のレバノンにアウェイで1:1のドロー。勝ち点11でウズベキスタンと並び、得失点差で韓国が1位。3位は勝ち点10のイラン。韓国は、まだウズベキスタンとイランとの直接対決が残っている。厳しいねえ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ