So-net無料ブログ作成
検索選択

《日本 vs ブルガリア》 2013-5-30 Thu. [サッカー]

[サッカー]なんと、0:2で敗北!
前半開始早々、相手FKの無回転シュートが決まって失点。後半にも相手FKを長谷部が処理を誤ってオウンゴール。相変わらずセットプレイに弱いまま。時折、香川や乾が鋭いプレイをするも、シュートがダメ。本田、岡崎がいないと点が取れないのか。ブルガリアは怖いミドルシュートを何度も放ち、ディフェンス陣のラインコントロールも上手くて、日本はオフサイドを何度も取られた。さすがW杯欧州予選でグループ2位をキープしているだけのことはある。1年前の日本代表はどこへ行ったのか?コンディションもバラバラ、リズムもバラバラ。ザック采配も前半は3-4-3、後半はいつもの4バックに戻すなど、どっちつかずでピリっとしなかった。コンディション調整ための試合にしか見えず、選手にも監督にも勝とうという意志が感じられなかった。4日のオーストラリア戦、久々に埼スタへ行く。真面目な、線の細い選手が多い日本。過度な不安と警戒心を持たず、勇気を持って戦ってくれることを願うばかりです。

P1070060.JPGP1070062.JPG
P1070061.JPGP1070065.JPG

情けない試合の中で唯一目を引いたのは、観戦していた琴欧州、そして野球帽をかぶったザック。“君が代”もひどかったなあ。ケミストリーの何とかという歌手、音程が不安定で聞いてられなかった。何度も言うが、もう器楽演奏でいいよ。チャラチャラした若い歌手を出すな!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《卒論:37年ぶりの再会》 2013-5-15 Wed [雑感]

先日、大学時代のゼミ仲間と飲んだ時、卒論の話になった。
日本史、特に幕末史を専攻していた私の卒論のテーマは、高杉晋作の「奇兵隊」だった。みんな卒業後しばらくして、郵送で戻ってきたと言うのだが、私の手元にはない。送られてきたが捨ててしまい、例によってその記憶が飛んでいるのか?すると一人が「先生が一番よかったと言ってた。もしかしたら大学図書館に保管されてるかも」と言う。半信半疑で問い合わせると、「ある」との答え。かくして37年前に書いた卒論と再会を果たした。きれいに装丁され整理ラベルも貼られていたが、中身は提出したままの手書きの原稿。400字詰めの原稿用紙、160枚!始めは丁寧な字だが、次第に乱暴になっていくのが笑えた。表も手書きで、間違えたところは用紙を切り張りして直してあって、インクの色が違っていた。時代だなあ。これを書いていた4畳半の下宿部屋の光景が、ふいに蘇ってくる。卒論の大半は偉い学者さんが書いた書籍からの引用。自分の考えを書いた部分は少ししかない。論旨のまとめ方がよかったということかなあ。先生に聞いてみたいが、もう亡くなられた。何だか中学生ぐらいにしか見えない学生たちに混じって、しばし思いにふける。

DSC00144.JPGDSC00140B.JPG
DSC00142.JPGDSC00145.JPG
DSC00148.JPGDSC00149.JPG
DSC00150.JPGDSC00147.JPG

社会学部卒業というよりサッカー部卒業の私だったから、国立にあるキャンパスよりサッカーグランドのある小平キャンパスの方が思い出深い。現在は放送大学の多摩学習センター、一橋大学国際キャンパス、留学生の寮などになってしまったが、グランドはそのままだ。よく通っていた麻雀荘、トンカツ屋も営業していた。18歳で上京、多少緊張し身構えていたが、この学園町の田舎っぽい雰囲気にホッとした。駅近くの立ち食い風そば屋に入り冷やしキツネそばを食う。近所のおばちゃんたちのガハハな笑い声が聞こえてくる。あれから40年たつが、相変わらずののどかさで、うれしかった。

DSC00175B.JPGDSC00161.JPG
DSC00154.JPGDSC00153.JPG
DSC00158.JPGDSC00160.JPG
DSC00167B.JPGDSC00166.JPG
DSC00173.JPGDSC00171.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感