So-net無料ブログ作成
検索選択

《昭和の面影2》 2012-2-26 Sun [雑感]

昭和は遠くなった、と書いたのは2007年の12月。
http://fukug.blog.so-net.ne.jp/2007-12-22
赤羽岩淵駅前交差点の角にあった古き良き米屋が壊され、2年後、その跡地に22階建てのマンションが建った。それから、また2年以上が過ぎ、すぐ近くにもうひとつ20階以上の高層マンションが建とうとしている。古い家がどんどん壊されマンションが増殖していく。それでも橋の名前が刻まれた欄干の一部は、しぶとく生き残った。これを残そうという意志が当事者たちにあったことが嬉しい。高層マンションより末永く残るに違いない。

2007年12月
2007-12A.jpg2007-12B.JPG
2009年2月
2009-2A.JPG2009-2B.JPG
2012年2月
2012-2A.JPG2012-2B.JPG

最近暇だし暖かくなってきたので、近所を歩いてみた。まだまだ人間くさい造形や空間が残っている。それらの多くは木や石という自然の素材で造られたもの。朽ちても美しく味わい深い。長く紡がれた人の営みの記憶も感じる。鉄やコンクリートでは無理かな。スカイツリーは “平成の面影” になれるだろうか?

P1060748.JPG
P1060723.JPGP1060727B.JPGP1060741.JPG
P1060743.JPGP1060730.JPG
P1060733.JPGP1060731.JPG
P1060800B.JPGP1060799.JPG
P1060736.JPG

蛇足になるが、東京の中で、金属やコンクリート素材の建造物であっても “昭和の面影” として後世に残したいのは、東京都庁、国立代々木競技場、東京カテドラル聖マリア大聖堂など丹下健三設計の建築だ。年月を経て、ますます、その凄味を感じる。それは何故かと考えてみたら、日本や世界の伝統建築の様式美を取り入れながら独創的なものに仕上げている点。平成になって、そういう建築は、まだ生まれていない気がする。

7180734.jpg7180738.jpg
7180740.jpg7180763.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

《日本 vs アイスランド》 2012-2-24 Fri [サッカー]

[サッカー]3:0で、勝利。
3ヶ月ぶりのフル代表の試合だったが、目立ったのはアイスランド選手のハンドスプリングスロー。一昔前に流行った回転スローインに観客は大喜び。我が家でも大いに受けた。なかなか味方選手につながらなかったのが、余計に笑いを誘った。日本選手で目立ったのは槙野。アシストも得点もしたが、PKも与えた。1点目の前田へのセンタリングはよかったね。左足で蹴らず、右のアウトサイドで上げたのが意外性を生み、DFもキーパーもタイミングをはずされた。大久保は久々の登場だったが、いいところを見せられず前半で交代。石川も久しぶりの登場。彼は特徴を発揮した。ジョーカーになれるかも知れないが、清武もいるし、藤本も今日よかったからねえ。それにしても、今野と遠藤以外の先発レギュラー陣は皆、海外。大変な時代になったもんだ。ウズベキスタン戦も今日のメンバーでいくのかなあ。ワクワクしない。宮市とか宇佐美とか、新鮮な選手を見たいなあ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《U23五輪予選:日本 vs マレーシア》 2012-2-22 Wed [サッカー]

[サッカー]4:0で勝利。
大量得点、大量得点って騒ぐけど、いったい何点を大量得点と言うんだろう。フル代表がタジキスタンに8:0で勝ったが、これは大量得点に間違いない。じゃあ、4点は・・・微妙だなあ。おいらの感覚だと5点以上だね。あと2点は取ってほしかったし、取れたはず。まあ気温30度の中、選手はよくがんばったけど、4点とった後、扇原が負傷し山村と交代してから、何だかリズムが崩れてしまった。せっかく永井、杉本と攻撃的な選手を入れたんだが、うまく生かす選手がいなかった。今日の殊勲は原口と山口。それから和製メッシ、齋藤も面白いプレーをしていた。次のバーレーン戦、見る楽しみができた。光は見えてきた。

今日はテレ朝で見た。最近、NHKのアナウンサーの解説者っぽい過剰なしゃべり、口調の深刻さ、クソ真面目さに耐えられなくなってきた。松木の酒場のオヤジっぽいしゃべりの方が、まだ心地よい。画像もNHKの方がなぜか暗かった。それにしても、あの新しい日本のユニホーム。青いきれと濃紺のきれをツギハギしたような・・・・2色が全然合わずぶつかっているから、そのツギハギが余計に目立つ。いいとは思わないなあ。GKのピンク色も初めて見た。試合に勝ったからいいが、情けない試合だったらユニホームのせいにしていた。今更、替えるのは難しいだろうが、おじさんはキライだ。

今、ネット放送でシリア対バーレーンを見ている。前半終わって、なんとバーレーンが1:0で勝っている!このままいけば、引き分けでも突破できる。頼むぞ、バーレーン。
http://www.stream-japan.tv/live/

今、試合終了。バーレーンが2:1で勝利!
85分を過ぎた頃だろうか、シリアが同点ゴールを決めたが、すぐバーレーンが2点目を決めた。シリアのDFがゴールライン上で体を張ってボールを出そうとしたのを、後ろからバーレーンのFWが奪い、GKと1対1になって決めた。ファウルをとられてもおかしくなかったが・・・・いやあ、これで日本の自力突破が復活。ありがとう、バーレーン!次は国立で気持よく負けてくれ!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

≪広瀬飛一 フォトドキュメンタリー人間≫ 2012-2-15 Wed   [雑感]

テレビカメラマンであり写真家である広瀬飛一さん。
我々テレビ業界で働く人間にとっては大先輩。
NHKの「課外授業ようこそ先輩」にも出演していただいた。
             (カテゴリー:ようこそ先輩、参照)

昨年より、広瀬氏の写真をWEBサイト上で公開するべく
準備を進めていたが、ようやく今日アップした。
映像のメディアであるべきテレビが言葉と文字ばかりになっていく今、
伝えるべき何かが、広瀬氏の写真から伝わってくる。

http://www.hiroseweb.com
淡谷.jpgE4B889E6B3A2-ddd2d.jpg
仲代.jpg團.jpg
福岡.jpg坂田.JPG崎谷.jpg

写真家・広瀬氏について、ある人は、こう記している。

心を伝えようとする人がいる
その心に共振して広瀬飛一はシャッターを切る
写真は心を写し、心を伝える
「人がいたから、たまたま撮れた。何か、なんですよ」
そこに大切な何かがある
その何かを伝えることができる写真がある
ふるえながら心に湧き上がる何かを忘れてはならない

2011年3月11日に起こった未曾有の大震災は、もう一度
私たち一人一人の生き方を見つめ直す機会を与えてくれた。
今こそ、多くの人に感じてほしい。
言葉では伝えきれない “大切な何か” を。

ぜひ一度アクセスしてみてください。
http://www.hiroseweb.com


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

《U23五輪予選:日本 vs シリア》 2012-2-05 Sun [サッカー]

1:2で敗れる。
負けて当然。凸凹のグランドでミスをするのを怖がってるような試合運び。大津も、清武もいない中、山崎も前半15分で負傷退場。1:1のまま試合を終えるのか、勝ちに行くのか、どっちつかずの最後の5分。ベンチは選手交代ではっきりと指示するべきだったが、関塚監督は何もしなかった。バタバタと相手に合わせた試合をしている内に、シリアに見事なミドルシュートを決められてしまった。ああいう思いっきりのいいシュートを日本が打つべきシーンが何度もあった。特に大迫。厳しい幕開けだなあ、今年は。去年が良すぎた。五輪予選、W杯予選、なでしこの五輪、いろいろあるけど、どうなるか・・・。C組1位になったシリアを上回るには、残り2試合を勝つだけでなく、得失点差も重要。しかしバーレン、マレーシアに大量得点で勝てるようなチームになっていない。久々に男子の五輪出場は、無いかも。強いリーダーシップを持った選手がいないのが、このチームの最大の弱点。ため息・・・・


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ