So-net無料ブログ作成
検索選択

《アジア杯:日本 vs オーストラリア》 2011-1-29 Sat [サッカー]

120分戦い、1:0で優勝!!
もう何も言うことはない。素晴らしいゲームを日本はした。オーストラリアのロングボール攻勢に四苦八苦した前半だったが、後半11分、緊張して何もできなかった感がある藤本を下げ、岩政を入れてDFの底を3枚にし、サイドの長友、内田、ボランチの遠藤、長谷部が前に出られるようにしたザックの采配は見事!チームが落ち着いた。そして延長から前田に替わって入った李が華麗なボレーシュートを決めた。「ボレーの虎」みたいに、どフリーだったけどね。交替で入った選手がゴールを決め、勝ち進んできた。去年も書いたが、ザックの采配、戦術眼には、歴代の代表監督にはない凄味がある。7月の南米選手権も楽しみだ。今野、長友のがんばりにも感謝。W杯南アフリカ大会の時に生まれたチームの一体感が、この大会でも継承されていたのが一番うれしい。松井、香川、槙野などケガで離脱した選手たちのユニホームを重ね着して、一緒に優勝の喜びを味わっていた。

あと4時間後には羽田へ向かわなければならない。寝られないね、もう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《アジア杯:日本 vs 韓国》 2011-1-25 Tue [サッカー]

120分戦って2:2、PK戦を3:0で制し、決勝進出!疲れた・・・
過去に何度も見たような展開。前半23分、サウジの主審に不可解なPKをとられ韓国に先制されたが、その後の日本の攻撃は見惚れた。常に縦への突破を意識した流れるようなパスワーク。まるでバルセロナのよう。韓国は戸惑うばかり。至福の時間だった。36分、試合前の狙い通り、チャドゥリの裏のスペースへ本田が鋭いパス、そこへ走り込んだ長友が正確なクロスを入れ、前田が決めた。しかし追加点が奪えない。ここで決めていたら、もっと楽に勝てたのに。

後半、FWを1人はずし、DFを増やして堅守速攻に出た韓国に日本は徐々にペースを奪われ、なかなかチャンスを作れなくなった。延長を見据え、ザックは疲れて動きが鈍くなった香川を下げて細貝を投入。その細貝が勝ち越しゴールを決める。ザックも何か持ってるねえ。延長の前半に、サウジの主審は不可解なPKをとったお詫びに、日本にもPKをくれた。岡崎が倒されたが、それほどひどいファウルではなかった。また本田が蹴る。そして、またど真ん中。GKにはじかれたが、本田が蹴る前に後方から動き出していた細貝が詰めてゴール!しかし、これで安心できないのが日韓戦。延長後半、韓国は身長196センチのFWキム・シンウクを投入し、絵に描いたようなパワープレイ。長谷部が負傷で交代、トゥーリオ、中澤もいない日本は押されっぱなし。終了間際に同点にされてしまった。韓国の驚異的な粘り。これも相変わらず。そしてPK戦。韓国は3人続けて失敗。川島がこれまでの失策を挽回するファインセーブを見せた。本田が1番手に登場したのが驚いた。ホンマに強気や、この男。見事に右隅へ決めた。続いて岡崎も決め、長友ははずしたが、最後は今野が落ち着いて決めた。こんな一方的なPK戦は初めて見た。

今日のMVPは岡崎、そして長友だろう。
最後まで走りきれる選手が、やっぱり勝敗を決める力になるなあ。2人に感謝。韓国選手は2戦続けての延長、しかも中2日。この勝利を手放しで喜べないが、苦しい接戦を勝利に結びつけてきた選手たちには、これまでにない成長を感じる。試合終了後、日本ベンチへ握手しに来たパクチソンに感激。いい男だなあ。代表100試合目、そして今大会で代表を退くという。さぞかし悔しかったろうが、そんな気持ちはおくびにも出さなかった。

P.S. もうひとつの試合はオーストラリアがウズベキスタンに、なんと6:0で圧勝。
うーん、準決勝とは思えない。日本にとっては最後の決勝も厳しい試合になるが、楽に大勝をした後の試合は難しいもんだ。私は日本の勝利を信じている。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

《アジア杯:日本 vs カタール》 2011-1-21 Fri [サッカー]

3:2、逆転勝利でベスト4!
ちっくしょー!仕事の打ち合わせがあり、帰ったのが午前2時半。生で見られなかった。興奮した家人がメールをくれ、誘惑に勝てず見てしまったので録画を見る前に結果を知ってしまった。しかし吉田が退場になり、10人になってから逆転したとは知らなかった。成長したねえ。先制されても選手は落ち着いていた。そして香川が待望のゴール。しかも2得点。3点目を決めたのは伊野波だが、香川がドリブルで切れ込んで生まれたもの。香川は大事な場面でゴールをきめるだろうというザックの予言が当たったねえ。本田とのコンビネーションも良くなった。岡崎、長谷部も常に前へ前へと攻める姿勢を示してくれた。伊野波、吉田の若いDF陣が、このレベルになると弱いかなあ。前半の失点もオフサイド・トラップをかけそこね、セバスチャンの個人技にいとも簡単に破られてしまった。準決勝の相手は多分韓国だろうが、守備が心配だねえ。韓国に勝ってこそ成長は本物。期待したい。

余計な話だが、スタンドの日本人サポーターが、「カタールに勝ったる」というプラカードを持っていた。もし日本が負けたら、彼のヘタなダジャレのせいにしようと思っていた。もうちょっと工夫してね。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

《アジア杯:日本 vs サウジアラビア》 2011-1-17 Mon [サッカー]

5:0で圧勝!
前半、長く感じたねえ。19分までに3:0。岡崎が2ゴール、前田がようやくゴールを決めた。本田、松井、川島を欠き、岡崎、柏木、西川が入ったが何の心配もいらなかった。というよりサウジがひどすぎた。DFの裏はスペースだらけ。寄せも甘い。戦意も感じない。チームになってなかった。香川は、いい感じにやってたけど、シュートを決めてほしい。

後半、砂漠気候のカタールには珍しい雨。
累積2枚のイエローをもらって次戦に出られない内田に替わって伊野波が入る。その伊野波が岡崎のパスから右サイド深くに抜け出しダイレクトでセンタリング。前田がGKの前に飛び込んでヘッドで決める。4点目。今日の内田より全然いいぞ、伊野波。しかしサッカーは相手の出来がひどいと、どんなに点が入ってもつまらなくなる、なんて、ぜいたくか。18分、吉田に替わって岩政が入る。30分、何かダレてきたなあ。最初はNHK-BSで見てたが、普段と違って、ずっと解説とアナが試合とは直接関係ないことをしゃべり続けているのでうるさくなり、テレ朝に切り替えた。やっぱり松木がうるさかったけど。おっと目が覚めた。34分、岡崎が前田のいいパスを受け、珍しく華麗な足技で反転しシュート、ハット・トリックを決める。37分、遠藤に替わり本田拓也。ようやく試合終了。後半も長かった。日本は1位通過を決め、準々決勝の相手は地元のカタールになった。ウズベキスタンよりは組み易い相手。が、今日の大勝は忘れ、気を引き締め直して戦ってほしい。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

《アジア杯:日本 vs シリア》 2011-1-13 Thu [サッカー]

2:1、激戦?を制す。
前半終わって1:0。先発は予想を裏切られ、ヨルダン戦と同じ。ザック監督、けっこう頑固。30分過ぎまではイライラしたが、だんだん全員の動きやパスのスピードが速くなり、いい感じになってきた。前半35分、本田がDFからの長いパスを受け右サイドを強引にドリブルで突破し、左後ろから長い距離を走り込んできた香川にパス。香川のシュートをGKがはじいたところを松井が拾いDFをブロックしながら、後ろから走り込んだ長谷部にパス。長谷部がダイレクトで落ち着いて決めた。これだよなあ。次から次へ走り込んで来る選手にパスがつながり、ゴールへ向かう。ようやく日本らしいサッカーが見えてきた。本田と香川のポジション取りがいいし連携が戻ってきた。前田は絶好のチャンスを2回はずした。決めろよなあ。動きは良くなってきたけど、こういう時に追加点を取れないようじゃ、先は難しい。

後半開始早々、香川がDF裏へ巧みなスルーパス。これが前田にピタリと合いGKと1対1になったが阻まれる。その後は全体的に受け身になってしまった気がする。19分、何故か香川に替えて岡崎投入。よくわからん。足を痛めているというから温存したのか・・・。そして25分、なんとキーパー川島が一発退場。長谷部の不用意なバックパスを川島が何とかキックしたが、シリア選手に当たってオフサイド位置にいた、もうひとりのシリアの選手へ。シュートを止めようとした川島が後ろから倒したということで主審はレッドカード。線審はオフサイドの旗を上げたが、くつがえらず、PKを決められ同点。イランの審判こそ退場だろう!しかし、しかし37分、岡崎が相手ゴールエリア内で倒され、PKゲット!イランの主審、日本に悪いと思ったのだろうか。本田が決めて勝ち越し。まん中に蹴って危なかったけど。後半ロスタイム、シリアの選手も一人退場。日本、守りきって勝ち点3を獲得。予想外の厳しい試合。というより審判が試合を壊した。ひどいもんだ。日本サッカー協会、ちゃんと抗議してね。まあ、でも10人になってからも選手はよく走った。よく踏ん張った。それが一番の収穫。日本にとって、いい試練となりそうな大会だ。

P.S. なんとヨルダンがサウジを1:0で破った!サウジは予選敗退。中東の勢力図が変わってきた。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

《アジア杯:日本 vs ヨルダン》 2011-1-9 Sun [サッカー]

1;1、かろうじて引き分ける。
負けを覚悟してしまった情けない試合。前半のロスタイムに相手のシュートが吉田の足に当たって自殺点。それまでに決めなきゃいけないチャンスをつぶしていた罰。そして後半も攻めきれず、ロスタイムにようやく吉田が頭で決め、負けずにすんだ。うーん、どうしたんだろう。全体がかみ合っていないし、判断も遅いし、パスミスも多い。この程度で何とかなるだろうというような甘いプレイも目立った。特に本田と香川が全然良くない。2人とも横に動くばかりで、DFの裏に飛び出す動きがほとんどなかった。2人がパサーになってもしかたがない。もっとゴールへ向かう縦の関係を作らないと。前田も目立った活躍ができず、後半入った李や岡崎の方がよかった。先が思いやられるなあ。次のシリア戦で目を見張るような変貌を期待する。本田の代わりに柏木を使ったら?
何はともあれ、あけましておめでとうございます。今年もよろしく。

P.S. うっそー、サウジアラビアがシリアに負けた! この組、大変かも?
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ