So-net無料ブログ作成

《日本 vs パラグアイ》 2010-6-29 Tue [サッカー]

こういうギリギリの戦いをJリーグでも毎試合見たい。サッカーはこれからも続く。

120分戦って0:0。PK戦で日本敗れる。よくやった、と単純に讃えることができないし、感動をありがとうなんて安っぽい言葉は絶対に使いたくない。何か深く考えさせられるものが、心に残った試合だった。日本の良さとダメさが今までで一番くっきりと浮かび上がった。自信が生まれたと同時に容易には越えられない大きな壁も見えた。よく言われる、あと少しの自信、あと少しの勇気、あと少し、あと少し・・・・これを克服するには、Jリーグの一試合、一試合が今日のようなプレッシャーの中でやらなければならないとオシムが言っていた。そのためにはスタジアムを満員にし、メディアもサポーターもサッカーを見る目を肥やさなければならない、とも。結局、選手がどんどん海外に出ていくだけではダメなんだよね。国内のサッカー文化をもっと充実させないと。テレビがJリーグの中継をどんどん減らしていくような国が、ベスト8になっちゃいかんということだな。なんで駒ちゃんがPK蹴るんだ、なんて思ったが、それはどうでもいいこと。日本人の監督とスタッフで、ここまで勝ち進んでこれたことも大きな財産だ。堅守速攻の速攻の部分の精度と連携にさらに磨きをかける。そして予選を通してやってきたポゼッションサッカーにも磨きをかけ、一つの試合の中で、状況によって使い分ける。それが次の課題だ。パラグアイがやっていたこと。決勝トーナメントを戦うためには、どういう戦い方をしなければならないかというのも、今回の結果から学ぶことができる。もし次に進んでも、トゥーリオ、長友、遠藤も出られなかった。これでは試合にならなかったかも。ともあれ、長期間ハラハラドキドキさせてくれ、ワールドカップの醍醐味を今までより深く感じさせてくれた選手たちに感謝。泣くな、駒野!気がかりなのが、俊輔の今後。まさか引退しないよね。でも日本は世界のサッカーの中で、ベスト16の中に入ったのだ。これはやっぱりすごいことだ。顔を上げよう。

ひとつのアイディアなんだけど、ヨーロッパの国々に追いつくために、アジアと中南米、もしくは中米カリブだけでもいいから合同の大会ができないものか。例えばアジアカップベスト4の国がリべルタ・ドーレス杯に参加できるとか。オセアニアも含めた環太平洋選手権とか。4年に一度しか世界の国々と本気で戦えないのはつらい。サッカー界のお偉い方々に一考してほしい。

スペイン vs ポルトガル、後半18分にビジャがようやくゴール!1:0でスペイン勝利。日本vsパラグアイとは比較にならないほどレベルの高い、激しい試合。くやしいけど、冷厳な事実。しかも観客を魅了するサッカー。本来のスペインが戻ってきた。華麗なパス回しによる美しく攻撃的なサッカーが戻ってきた。ポルトガルも去った。

P.S. 駒野にパラグアイのバルデスが熱心に声をかける写真を見た。一番、泣けた。

wca1006301031033-p4.jpgwca1006301031033-p5.jpg

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

《オランダ vs スロバキア/ブラジル vs チリ》 2010-6-28 Mon [サッカー]

ダメ、寝てしまった。限界かもしれない。

オランダ vs スロバキア、2:1でオランダが勝利。前半、ロッベンのゴールを見た後、テレビつけっぱなしで寝てしまった。ブラジル vs チリ、3:0でブラジルが勝利。これも何とか起きて見始めたが、ダメ。寄る年波には勝てないということか。おいらのワールドカップは終わったのかも。今日の日本戦は、おまけのような気分。選手は、そうではないと願う。これで満足した選手と、そうでない選手の温度差が試合に現れないことを願う。ここは攻める、ここは守るという全員の意識がずれると、負ける。負け犬根性がしみついた中年サッカーファンの、いらん心配など吹き飛ばしてくれると信じている。リスクを冒さずに負けるという試合だけは、見たくない。ああ、これも、いらん心配や。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《イングランド vs ドイツ》 2010-6-27 Sun [サッカー]

ドイツ、イングランドを4:1、大差で破る
「世紀の大誤審!44年前の因縁、再び」。新聞の見出しはこんな感じか。前半ドイツが2点リードした時には、このままドイツの圧勝かと思ったが、さすがイングランド、盛り返した。伝統の空中戦サッカーで1点を返した。そしてランパードのふわりと浮かしたループシュートがバーの下をたたき、明らかにゴールラインの内側に入った。しかしノーゴール。線審が見てなかった。1966年のイングランド大会決勝で、イングランドとドイツが対戦し、2:2で延長に突入。イングランドがはなったシュートが、今回と同じようにバーの下をたたき、ゴールライン上に落ちた。これを線審がゴールと判定。その後、もうワンゴールを決めたイングランドが4:2で優勝した。今回、このゴールが決まっていたら、流れはイングランドに来たはず。後半早々、イングランドは猛攻をしかけたが、ものすごいカウンターを食らい2失点。力尽きた。今後、ビデオ判定を入れるという議論が、また復活するかも。今でもドイツ人は66年のゴールを入っていないと言ってるそうだが、今後は言わないだろう。とにかく今日のウルグアイの審判団はレッドカードだ。ジェラードの孤軍奮闘ぶりに涙。ルーニーはまったく活躍できず、大会を去る。走り勝つチームが勝つ。関係ないけど、ドイツのエジルは羽生に似ている。

アルゼンチン、3:1でメキシコを破る
こっちでも疑惑のゴール。というより、アルゼンチンの1点目、テべスのゴールは完全にオフサイド。それまでメキシコは惜しいシュートを何本もはなち、押し気味だっただけに残念。審判が5人に増えたのに、意味がない。やっぱりビデオ判定は必要か。次はアルゼンチンとドイツ。アルゼンチンに勝ってほしいが、ドイツのスピードとパワーにアルゼンチンの守備が耐えられるか・・・・

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《韓国 vs ウルグアイ》 2010-6-26 Sat  [サッカー]

韓国、ウルグアイに1:2で、あっさり敗れる。南米強し。
負ければ、即終わり。うーん、こっから先が容易じゃないなあ。韓国は前半、動きが重く、失点した時は最終ラインにいた4人が、みんなボール・ウォッチャーになってしまい、右から走りこんだ選手を誰も見ていなかった。ボールを回させてくれるんだが、それがウルグアイの罠。奪って速攻をしかけるための。日本もやり始めたことを、さらにうまくやっている。しかもシュートのうまいFWがいる。パラグアイも同じようなサッカーだろう。1対1も強いし体のぶつけ方がうまい。難しい試合になりそう。焦れた方が負けかな。虎視眈眈とチャンスを狙い続けなければならない。韓国は負けた気がしないだろう。うまくいなされてしまった感じ。DFの裏をうまくとった時、確実に決めなければ韓国のように負ける。アイディアも必要。本田が岡崎にアシストしたようなプレイを何度もしないと。いずれにせよ、勢いとコンディションを維持するのは難しい。それがカギだ。この先は日本にとって未踏の世界。プレッシャーを楽しんでチャレンジしてほしい。そして、もうひとつ世界を驚かせてほしい。彼らなら、できそうな気がする。

ガーナがアメリカを延長の末、2:1で破る。アメリカには悪いけど、アフリカの国が残ったのは喜ばしい結果。今、録画中継を見ているが、ガーナは守備もいいし、集中力もある。ウルグアイといい勝負だ。勝つかも。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《もう決勝トーナメント》 2010-6-26 Sat  [サッカー]

昨夜は仲間と祝杯をあげ、帰ったらバタンキュー。ブラジル vs ポルトガル、スペイン vs チリを見逃してしまった。何たる不覚。でも体がもたない。今日から、もう決勝トーナメントが始まる。キツイねえ。1日ぐらい休ませてほしい。

今回の日本のベスト16。2002年とは全く違う確かな手応えを感じる。バブリーな妄想に惑わされず、より現実的に戦って得たもの。今までは、いきなりブラジルのようにとか、オランダ、スペインのようにとか、上ばかり見ていた。それでFWがいない、決定力がないと嘆いていた。しかしトゥーリオが言うように、「日本は弱い、へたくそなりのやり方がある」ところから、相手の弱点を消す戦い方を取った。堅守速攻。世界の中で、スイスやデンマーク、パラグアイやメキシコなど2番手のチームが長年取ってきた戦術。いきなり強くなるわけがない。コレクティブに走るサッカー。今回のFWがいないフォーメーションと戦術は、これからの日本サッカーに新たな指針を示した。それぐらいデンマーク戦は歴史的な勝利だと思う。長く記憶に残る試合。こういう勝利をずっと望んできた。まず2番手を目指そう。メディアはまた本田をスター扱い、救世主に仕立て始めた。試合後、中沢、トゥーリオ、長谷部が抱き合うシーンに一番ジーンとした。阿部を含めた4人がチームの核。最も称賛に値する。振り返ってばかりで、すっかり満足してしまったおじさんです。これじゃいかんのだが・・・・

6月25日の結果
G組ブラジル vs ポルトガル、0:0のドロー/コートジポアール vs 北朝鮮、3;0。ブラジル1位、ポルトガル2位で次に進む。日本がパラグアイに勝てばスペイン vs ポルトガルの勝者とやることになる。その試合が見たいねえ。

H組スイス vs ホンジュラス、0:0のドロー/スペイン vs チリ、2:1。後半、退場者が出たスペインがチリの猛攻に耐え、勝利したそうだ。これは、もう一度見直したい。スペインが得失点差で1位、チリが2位。

韓国は、いいブロックに入ったなあ。ベスト4まで行くかも。最初がウルグアイ、次がアメリカとガーナの勝者。シード国がいない。みんなしぶといチームで、どこが勝ち抜いてもおかしくない。韓国が勝てば、日本にもはずみがつく。がんばってほしい。あっ、今日か。フゥー。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《日本 vs デンマーク》 2010-6-24 Thu [サッカー]

すっげえ~~!!!

E組日本が前半、本田と遠藤がFKを決め、2:0でリード!開始早々はデンマークの速いパス回しに振り回されやばい感じだったが、本田の無回転シュートが完全に流れを変えた。遠藤は逆にゆるいカーブ。練習したんだろうね。デンマーク同様、おいらも予想外の展開にとまどっているが、後半も集中だ。遠藤のダイビング・ヘッドは初めて見た。長谷部も積極的に上がってる。いい攻撃ができている。

今、終了。PKを与え、川島が一度は止めたが、はじいたボールがトマソンのまん前。決められてしまった。その後、デンマークのロングボール攻撃をしのいでカウンター。これが4年前との違い。トゥーリオの存在が大きい。そして本田、冷静だった。自分で打たないで隣の岡崎にパス。岡崎もダイレクトには蹴らず、一度トラップしてから慎重に決めた。3:1で快勝!ベスト16だ。もう、今までの日本代表がやった試合で、精神的にも内容でも最高の試合だったのではないか。ようやく世界を驚かせた。おいらも驚いた。みんな落ち着いていたなあ。敬服する。こっちは落ち着かなくて、しょちゅうウロウロしてたけど。岡ちゃんにも脱帽。すんません、いろいろ批判して。もう眠れそうにない。でも、もっと決められた。特に大久保。熱くなるだけじゃダメだ。喜ぶのはまだ早い。審判にも、トマソンのミスにも助けられた。これからだ。絶対勝てない相手はいない。これで、まだ楽しめる。ありがとうだね。

一番成長したのは長友。いい顔でプレイしてる。君が代を先発もベンチも肩を組みながら歌うのもいい。やっぱり形は大事だ。選手だけでなく、見てる方にも一体感が伝わる。トゥーリオのアイディアはブラジル代表から来たのでは。手をつないで入場するからね、彼らは。まあ、そこまでは、と思うけど。調子に乗って赤羽の町に繰り出したが・・・・普段と変わりない。まあ高齢者の町だからね。号外も、まだ出てなかった。当たり前か。いずれにせよ、2002年のように、これで満足せず、先を目指してほしい。選手たちの表情やコメントを聴く限り、大丈夫だ。

P1050041.jpgP1050042.jpg
P1050048.JPGP1050046.JPG

E組オランダがカメルーンを2:1で破る。オランダ、3勝、1位で決勝トーナメント進出。

F組イタリア、2:3でスロバキアに敗れ、予選リーグで敗退。壮絶な試合、だったみたい。パラグアイ vs ニュージランドは0:0のドロー。この組はパラグアイが1位、スロバキアが2位で通過。イタリアは74年以来の敗退だという。フランスとイタリア、前回大会の決勝を争った2チームが姿を消した。
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:スポーツ

《イングランド vs スロベニア》 2010-6-23 Wed  [サッカー]

重苦しかったあ!

C組イングランド、やっと1:0で勝利!決勝トーナメントに進む。プライドも捨てて1点を守りきった。テリーがハンドをしないように腕を隠しながら、頭から体を投げ出して守ろうとしたシーン。ちょっと感動。ひたむきにプレイしないと勝てないワールドカップの厳しさ。最後までハラハラの好ゲーム。ただ決勝トーナメントでイングランドが勝ち進めるかは疑問。ルーニー、ゴールに嫌われてるし。アメリカが後半のロスタイムにゴールし、アルジェリアを破った!らしい。見てない。C組はアメリカが1位、イングランドが2位で通過した。いつも思うけど、アメリカって何で強いんだろう。わからん。

今日のイングランドはFWにデフォーを起用したのがズバリ的中。見事にゴールを決めた。日本も本番直前に本田のワントップ、松井、大久保をサイドに置くというシステムに変え、成功した。オランダ戦では交代で入ったエリアを抑えるために、長友と駒野を左右逆に置いたり。サッカーは、よくチェスに例えられるけど、人間という駒の組み合わせ、ポジションの置き方で変わる。今までは選手一人一人の出来しか見てなかったけど、今回、戦術というものに思いを巡らすことが多くなった。技術、力、気持ちだけではない、もっと深いゲームだ。しかし戦術というものがうまくいったとしても、思わぬレッドカード、ミスも起こる。韓国の進出もナイジェリアの信じられないシュートミスがあってこそ。本当に繊細なスポーツだと改めて実感。シード国、FIFAランキング上位国の不調のおかげで、サッカーの深さを味わえる大会になった。明日に備えて、今日はもう寝ることにします。

D組ドイツ vs ガーナ、1:0でドイツ/オーストラリア vs セルビア、1:0でオーストラリア。ドイツ1位、ガーナは得失点差でオーストラリアを上回り、アフリカ勢で初めて進出を決める。ドイツはやっぱりしぶとい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《韓国 vs ナイジェリア》 2010-6-22 Tue [サッカー]

眠い!

B組韓国、2;2で引き分け。決勝トーナメント進出を決める!目を覚ました時は、すでに後半の15分過ぎ。1:1のドローだったが、その直後、これまで絶好機をはずし続けていたパクチュヨンが見事なFKを決めた。しかしナイジェリアも反撃。PKで同点。その後も猛攻をしかけたが、絶好のチャンスを2度もはずした。簡単なシュートだったのに。あ、今ハイライトを見たが、韓国は先制され、FKで同点にしたんだ。内容的にはナイジェリアに押されていたが守りきった。韓国、やったね。アウエイの大会で初のベスト16。次の相手はウルグアイ。その先もありそうだ。ソウルは今頃、むちゃくちゃな騒ぎになってるだろうなあ。日本も続け!メールを見たら、母校の大学が春季対抗戦で決勝に進んだという。吉兆か。

B組アルゼンチン、2;0でギリシャに勝ち、3戦全勝で決める!ハイライトを見ただけだが、メッシは今日も素晴らしいプレイを見せた。ゴールはポストに嫌われ、ならなかったが、2点目はメッシの強烈なシュートをキーパーがはじき、それを押し込んだもの。アルゼンチン、絶好調だね。

A組南アメリカ、フランスに2;1で勝利。が、決勝トーナメント進出は果たせなかった。フランスにとっては呪われた大会になってしまった。前半25分までに失点はするし、一発退場者も出してしまった。その時のシセの何とも言えない顔。どうしてこんなことになってしまったんだ、というような絶望感。見てて切なかった。あのハンドに天が与えた罰か。A組最下位で、フランスは去る。

A組ウルグアイ、1;0でメキシコを破る
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《W杯:北朝鮮 vs ポルトガル》 2010-6-21 Mon [サッカー]

G組北朝鮮、ポルトガルに0:7という歴史的な大敗
仕事のために後半15分ぐらいからしか見られなかった。すでに0:3。その後も北朝鮮はレベルの違いに茫然自失、足、思考が止まってしまった。こんなスコア、今まで見たことがない。何だかショック。アジアのサッカーが、もてあそばれてしまった気がする。今、録画放送を見ているが、前半は結構チャンスを作っていたのにね。あと1試合、気持ちを切り替えて、いい戦いをしてほしい。って、今回は北朝鮮に思い入れがあるな。チョンテセのせいだね。

H組チリ、スイスに1:0で勝つ。スイスは前半にひとり退場者を出し10人で戦ったが、守るだけでなくよく攻めた。ロスタイムに同点にできる絶好のチャンスが巡ってきたが、決められなかったあれをはずすのかよっていう。。2006年クロアチア戦の柳沢を思い出すような、はずし方だった。チリは相変わらず最後まで攻めに攻めた。少し雑な所も同じ。決勝トーナメントで勝ち抜くのは難しいと思うが、「攻撃は最大の防御」という力強いメッセージを世界に示してほしい。

H組スペインがホンジュラスを2:0で破る。ビジャ、PKをはずしハットトリックならず。とても3時からの生中継を見る元気はなく、朝8時からの再放送を見た。今日からの観戦は、このペースかな。寝不足で調子が悪い。先発したトーレスも本調子ではない。関係ないけど。イニエスタを欠いたせいもあるが、スペイン本来の流れるようなパスワークは戻っていない。チリ戦に不安を残す。

いよいよ予選リーグの最終戦。運命が決まる。進出を決めているのはブラジルとオランダだけかな。どの組も見逃せない。体が持たねえ~~~。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

《W杯10日目》 2010-6-20 Sun [サッカー]

あっという間に3分の1が過ぎてしまった。

F組パラグアイがスロバキアを2:0で破る

F組イタリア vs ニュージーランド、1:1のドロー。FKから先制されたイタリアは攻めに攻めたが、最後の決め手、工夫を欠き、PKで同点にしただけに終わった。今回はこういう試合が多い。日本もそうだから偉そうに言える立場ではないが、超守備的なサッカーが幅を利かせる大会。世界のサッカーは停滞気味か。ニュージーランドって意外に強い。解説の名良橋のダミ声が耳に痛かった。

ちょっと見飽きた感があって、今日は横目でちらちらと見るだけ。

G組ブラジルがコートジポアールを3:1で圧倒。ルイス・ファビアーノが豪快なシュートとうまさで2点。特に2点目は2人のDFに囲まれながら胸とリフティングですり抜けボレーシュート。ハンドを2回犯しながら(まあ許容範囲ではあったが)決めた。ブラジルがやっぱり優勝の最有力候補か。ドログバがDFの裏に抜け出してヘッドでゴール、一矢報いるあの冷静さはさすが。カカが何とイエロー2枚で退場。2枚目は相手の巧妙な演技によるもの。手でそんなに強く突いたわけでもないのに、大げさに倒れた。イエローの累積が消え、休めるので、かえってよかったかも知れない。試合後半はコートジポアールのラフプレイが目立ち、試合が壊れた。審判がコントロールできなかった。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ