So-net無料ブログ作成

《日本 vs 南アフリカ》 2009-11-14 Sat [サッカー]

0:0のドロー。
前半の南アフリカは様子を見ている感じ。日本はボールを回せるんだが、決定的なパスは出させてもらえない。キーパにはじかれた長谷部のミドル、ゴールポストの右へわずかにはずれた岡崎の惜しいシュート。チャンスらしいチャンスは、その2本だけ。さすがに、ここ3試合の相手とは違う。速いクロスを入れるスペースがないし、走り込んでもブロックされる。俊輔は疲れているのかベンチスタート。本田が先発だった。大久保、内田がまったく精彩を欠く。特に内田、すぐボールを下げちゃうし覇気をまったく感じない。危ないバックパスが何度かあった。

後半14分、俊輔、松井が本田と稲本に代わって入る。攻撃のリズムが出てくる。ただ俊輔の動きはにぶい。やっぱりエスパニョールでも、あまり試合でてないからかな。26分過ぎて、大久保から興梠、内田が徳永に交代。こうでなくちゃね。徳永のクロスは内田より精度がいい。さっそく岡崎の惜しいシュートに結びついた。右サイドバックは徳永、左は長友で決まりでしょう。森本が見られなかったのが残念。石川もケガしちゃったし。今日の試合も日本の実力を測るものにはならなかった。本番のロケハンができたのが、唯一の収穫か。

2000年のシドニーオリンピックで南アフリカと対戦した記憶がある。確か高原の2ゴールで2:1の逆転勝利。気持ちよかった。あの時出ていたマッカーシーが、まだエース。見たところ、彼ひとりぐらいしか怖そうな選手はいない。コンフェデでスペイン、ブラジルといい試合をした時とメンバーがだいぶ違うのか?とにかく、このぐらいの相手にはアウエイでも勝たないとなあ。今日の試合は日本の実力を測るものにはならなかった。本番まで、あと何試合、強い相手とベストメンバーで試合ができるんだろう?せいぜい2試合ぐらいか。心もとない。だんだん不安になってきたなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ