So-net無料ブログ作成
検索選択

《W杯最終予選 日本 vs オーストラリア》 2009-6-17 Wed   [サッカー]

1:2、逆転負け。
セットプレイからの2失点は、どちらも阿部がケーヒルの動きを見ていなかったことに尽きる。守備にも攻撃にもリーダーがいなかった。2006年W杯のリプレイを見ているよう。対オーストラリアの戦い方が、まったく改善されていないことに失望した。というより、オーストラリアに勝とうというメンバーでは、そもそもなかった。高さ対策も考えられていない。小柄なおとなしい選手ばかり集められた感じ。試合を動かそうとしていたのはトゥーリオと松井だけ。1点を守り抜くというしたたかな試合運びもできなかった。そして岡ちゃんは気配りが過ぎた。Jリーグに対しても、海外組に対しても。せめて本田だけでも呼んでほしかった。なんだか日本代表に対する気持ちが落ち込んでしまったような気がする。これをどう盛り返していけるか。しかし本番まで、挽回するための真剣勝負の機会がない。オーストラリアとの試合もない。それだけ大事な試合だったのだと、今さらながら思う。今まで味わったことが無い、憂鬱なW杯予選の終わり方。。「この3年で何も進歩していない」という気分が選手たちに蔓延しないことを祈る。本番へ向けて新たなスタートを切るためには、いい薬となる試合だったと思えるようにしてほしい。いずれにせよ、中沢、トゥーリオ、長谷部、俊輔、遠藤、松井以外のメンバーは、全員白紙だ。

前半開始早々、ピッチ上にカモメのような鳥の群れが舞っていた。まるでCGで加えたような、映画のワンシーンのような画面に、しばし見とれた。試合の緊張感を奪われた。選手は気がついたんだろうか。失点のシーンと共に、忘れられない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《全盲のピアニスト、辻井さんを思う》 2009-6-12 Fri   [雑感]

テレビを見ていて、思わず耳を疑った。
バン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した辻井さんの記者会見。ある女性記者が、こう聞いたのだ。「もし1日だけ目が見えるとしたら、何を見たいですか?」。この時、会見場がどういう雰囲気になったかは、質問と答えの間が編集でカットされているのでわからない。私がその場にいたとしたら、多分凍りついた。なんという幼稚な質問だろう。なんと、ひとの気持ちのわからない人間なんだろう。生まれたときから目が見えない彼にする質問か?無理やり感動的な言葉を引き出そうとする卑しい下心が丸見えだ。取材テープの中から、その場面を選んでつなぐ編集マンがいる。それを平気で番組に使うディレクター、プロデューサーがいる。朝、昼、夕方、テレビは、ひっきりなしにニュースをネタにした番組を流す。ワイドショー、バラエティー、報道番組の境界が、どんどん無くなっている。番組制作者の“矜持”、“葛藤”も、どんどん薄れていっている。大災害や凶悪事件の現場で、節操もなく子どもにカメラを向け、「どんな気持ちがした?」と聞く。胸がふさがる思いがする。

新聞、テレビは押しなべて、「障害を乗り越えて優勝!」という報道の仕方。それも違う。
辻井さんはピアニストなのだ。彼の演奏の、どこが秀でていたのかを、まず報道するべきではないか。それが一番知りたいことだ。目の見える人にはない、特別な感覚や情感があったかも知れない。コンクール審査員の言葉が聞きたかった。辻井さんの首にゴールドメダルをかけた人が、感極まったように彼を抱きしめた。その瞬間、私は涙が出そうになった。「もし1日だけ目が見えるとしたら、何を見たいですか?」という質問に、辻井さんは、「両親の顔が見たいです」と答えた。そのとき、どんな思いで答えたんだろう。彼の誠実な人柄に、感動した。と同時に、同じマスコミに関わる人間として、恥ずかしい思いがした。
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

《W杯最終予選 日本 vs カタール》 2009-6-10 Wed [サッカー]

1:1のドロー。
石井竜也の君が代を聞いたとたん、我が家ではドローという予想。それほどひどい歌だった。そして今日も主審はひどかった。マレーシアの見たことあるヤツ。前半のPK、中沢のファウルだとしても(じゃないけど)、ペナルティエリアの外だった。それにしても日本の動きは重かった。気も緩んでいた。見てる方も。キリンカップは幻想だったようだ。得点は相手のオウンゴールだけ。遠藤、長谷部がいないせいか。どの選手が入っても同レベルの試合、というのも幻想だった。阿部、玉田、橋本は全然駄目。気を吐いていたのは松井だけ。結局、ウズベキスタン戦、カタール戦は押し込まれてばかり。強くはなっていないことを実感。いいクスリになることを祈るだけ。オーストラリアは勝った。次の直接対決、奮起してほしい。

P.S. 12日付の日刊スポーツに、橋本+阿部のパス数はベルギー戦の遠藤のパス数に及ばないという記事があった。納得。橋本と阿部はポジションがダブるときがしばしばあり、連携がうまくいってなかった。遠藤が今の日本代表の「心臓」だと、改めて思う。次のオーストラリア戦、遠藤、俊輔、長谷部が不参加。それで、ひと泡ふかせられるか、不安だ。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:スポーツ

《W杯最終予選 日本 vs ウズベキスタン》 2009-6-6 Sat  [サッカー]

1:0、W杯出場決定!
前半9分、憲剛の絶妙なふわっとしたパスに岡崎が飛び込みシュート、キーパーがはじいたところを倒れこみながら頭でゴール!いいなあ、岡崎は!きれいなゴールなんて、最終予選では決まらない。FWのお手本だ。見習え、大久保、玉田。それにしても、シリアの主審はひでぇ。露骨なウズベキスタンびいき。あんな最低な主審は久しぶりに見たなあ。あれだけうファウルを取られちゃあ、リズムが作れない。FKからいつ失点してもおかしくない試合だった。大久保のゴールもオフサイドじゃないぞ。長谷部と岡ちゃんが退場。???だ。深い芝も日本には不利。早いパス回しができないので相手につめよられ、次第にウズベキスタン・ペースになってしまった。浮き球の処理のまずさ、でかいDFの当たりに弱いことも含めて、これからの課題。しかし不利な状況になっても落ち着いて守った。しぶとくなった。終わってみれば、今回の予選が一番楽だった。ハラハラドキドキは今日の試合だけ。出場が決まって、これほど感激がないのも不思議。予定通りという感じ。ぜいたくになったもんだ。あと2試合。カタール、オーストラリアに勝って、ぜひ1位になってほしい。
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

《日本 vs ベルギー》 2009-5-31 Sun   [サッカー]

またまた4:0で勝利!
心配した雨も上がり、気持ちよく観戦できた。試合も文句はない。相手が中1日の休みしかなかったというハンデを差し引いても、差は歴然としていた。むしろベルギーの気迫のなさに苛立ったぐらい。憲剛のトップ下というのは大成功じゃないか。W中村という2人の非凡な司令塔が目まぐるしくポジションを変え、ボールの出しどころを相手にしぼらせなかった。何より選手同士の距離感が抜群に良くなり、一人一人のボールを持つ時間が短くなった。それだけ全員が、いい場所によく動いていたということだ。キープ力があるW中村が前線でタメを作ってくれるので、他の選手が後ろからどんどん走りこめる時間が生まれる。それが大きい。日本が目指すサッカーが少し形になってきた。入った4点が、みんな形が違うことが、現在の日本の良さを象徴している。1点目はゴール中央付近での3、4人の短いパス回しから長友がゴール。2点目はスペースに走りこんでパスを受けた憲剛が鋭い切り替えしで技ありのゴール。3点目は右サイドからの大久保のクロスに岡崎が飛び込んでゴール。頭と思ったら左肩で入れた。岡崎ゴンと呼びたくなる泥臭いゴール。4点目は左サイドからの長友のクロスに、交代で入った矢野が飛び込んでゴール。どっからでも点が取れる感じ。こんな試合は今までなかったんじゃないか?先日、マンUに勝って優勝したバルサのようだ、と言ったら浮かれすぎか。さあ、気を引き締めよう。ウズベキスタン戦は、こんな簡単じゃないはず。相手の気迫が違うし、しかもアウェイ。暑い。ピッチもよくないと思う。心配性のジジイ・サポーターの不安は尽きないが、きっと勝ってW杯出場を決めてくれると信じてる。トゥーリオのようなミスは絶対に許されない。敵は気のゆるみ、実力の過信、コンディション調整の失敗、つまり日本代表自身だ。

今日の君が代、宝塚出身の女性だったと思うが、よかったね。
伝統的な正調君が代。一緒に歌いやすかった。後半30分過ぎ、スタンドはウエイブで盛り上がった。試合がダレてきたからだけど。前半もそういう時間があった。チリもベルギーもちと弱すぎた。でもキリンカップにしては、久々の満員。トイレが混んでて後半開始に間に合わなかったのも久しぶり。帰り道の足取りが軽かったのも久しぶり。こういう試合ばっかりだといいね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ