So-net無料ブログ作成
検索選択

《八代亜紀・親を愛しく思う》 2009-5-29   [ようこそ先輩]

熊本県八代市の小学校で、『課外授業ようこそ先輩』の撮影をした。
今回の先輩は、ご存じ “演歌の女王”、八代亜紀さん。

P1040714.jpgP1040763.jpg
P1040777.jpgP1040805B.jpg

八代演歌の名曲 “舟唄” を題材にして、後輩たちに「親を愛しく思ってほしい」というメッセージを伝えた。ギター1本の伴奏で歌う八代さんの“舟唄”にしびれた。子どもたちが歌う “舟唄” も新鮮な響きがあった。彼らが描いた父母の絵や親への思いをつづった作文に、笑ったり、ホロリとしたり。毎回そうだけど、11~12歳という年代が持つ素直さや、豊かな感受性、可能性に驚かされる。番組の放送日時は下記の通り。お楽しみに。

NHK総合 : 6月28日(日)午前8:25~8:54
NHK-BS2 : 6月30日(火)午後3:30~3:59

九州・沖縄地方
NHK教育 : 7月 4日(土)午前10:00~10:29


nice!(1)  コメント(6) 

《日本 vs チリ》 2009-5-28 Thu   [サッカー]

4:0、快勝!
撮影で熊本に行ってたので、帰京後ビデオで見た。久しぶりのスカッとする日本代表の試合。チリのお株を奪うようなスピーディーなパスワーク。そして90分間、前へ前へと全員がゴールに向かっていた。岡ちゃんが監督になって以来ベストの試合。特に印象的だったのは、2点目のアシストを決めた中沢。本田が自陣の右サイドでキープしている時、チャンスと見て一気に前線のスペースに走って行った。あんな中沢はあんまり記憶がない。反転トラップも見事だった。阿部、駒野、今野がDFだったからかも知れない。長友、内田じゃ守備に不安があるし、トゥーリオは攻撃に行きたがるから、自重していたんだろうな。サイド攻撃がこう着したとき、こうしたセンターバックの意表をつく上がりは有効だ。まあ相手がずっと攻撃的にきてくれたから、カウンターが利いたんだけどね。それと本田が変わった。献身的によく走るようになったし、相手を背負ってのプレイが抜群にうまくなった。簡単に倒れなくなった。俊輔や長谷部もそうだけど、ヨーロッパでやってる選手とJリーグでやってる選手との違いはここ。やっぱJリーグはディフェンスが甘いのかねえ。審判もすぐファールを取るし。ともあれ楽しみになった。トップ下のMFに俊輔、憲剛、本田の3人を置くのはどうだろう。ワントップに強いFWが欲しいけどね。岡崎もよかったけど、体のでかい屈強なDF相手だと難しいだろうな。高原の復活を熱望。森本をそろそろ呼んだらどうかな、岡ちゃん。あ、トゥーリオのワントップでもいい。ウズベキスタン戦はそれでいったらどうだろう。

試合後の選手の表情がよかった。みんな、ニコニコ。これが見られたのも久しぶり。サブも含めてチームの雰囲気もよさそう。ハーフタイムの時、山田と今野、遠藤と憲郷が何やら熱心に話し合っていた。いい感じ。次のベルギー戦は国立で見ます。楽しみ。
nice!(0)  コメント(2)