So-net無料ブログ作成

《クラブW杯 キト vs マンU》 2008-12-21 Sun   [サッカー]

1:0でマンUの勝利。
後半4分の退場で10人になったマンUが、それでも順当に勝った。ロナウドとルーニーの2人が入れば、いつでも点が入る感じ。欧州と他の大陸との差の大きさを感じるばかりで、何だか気持ちが盛り上がらない試合だった。マンUの選手たちは勝ってもそれほどうれしそうじゃなかったし。キトは守備的だったし。マンソのプレイは見てて気持ち良かった。かつてのオルテガを見てるようだった。ガンバはパチューカに1:0で勝ち、3位となった。キトとやっても勝ったかな?それぐらい、いいサッカーをしていた。でもなあ、トヨタカップ時代の方がよかった。1発勝負の緊張感がたまらなかった。今は、何だか中途半端に間延びした感じで‥‥日本のクラブが決勝に進出しない限り、もう興奮はしないかも知れない。ぜいたくになったもんや。
nice!(0)  コメント(0) 

《クラブW杯 ガンバ vs マンU》 2008-12-18 Thu   [サッカー]

5:3でマンUが順当に勝利。だが‥‥
おもろい試合だったなあ。遠藤のPKも見られたし。負けても爽快感がある試合は初めてだ。3点も取ったぜ。前半コーナーキックで2点入れられた。背の高いDFがいない弱みを狙われた。マンUは省エネでやってたのに、それでもやられた。本番はあくまで日曜、ウォーミングアップのような試合運び。この2点が無ければ‥‥延長だったのに、って結果論だけど。後半、ルーニー出るなよって祈っていたが、出しやがったよ、ファーガソン。交代した途端、なんとガンバが得点。2対1となったが、その余韻にひたるまもなく、ルーニーがあっという間に2得点。すげえ!おかげで最高に面白くなった。撃ち合い、殴り合いの試合は久しぶり。2試合続けて、いい試合を見たような満足感があった。ガンバも、地味なメンバーでよくやった。変に勝負にこだわった守備的なサッカーをしないでくれて、ありがとう。マンUとの実力差はかなりあったが、最後まで強気に、攻撃的にやってくれた。これでいい。一発勝負だし。選手も楽しかっただろう。あれ?待てよ。負けたんだよな、2点差で。悔しがらなきゃいけないのかも。

播戸とルーニーの違い。シュートする前のトラップの正確さとシュートを打つまでの時間の短さ。そしてシュートを打つ瞬間にGKとゴールを見ているかどうか。俺は、常にテレビカメラを意識しているようなプレイをするC.ロナウドよりルーニーの方がすごいと思うし、好きだ。

ところで、日テレのカメラワークは最低だった。ふかんカメラが全然生きていない。気持ち悪いだけ。それに無駄なリプレイのおかげで、得点シーンを2回はずした。もっと試合の流れを見ろよ。得点の瞬間が見たいのではなく、それに至る過程が見たいんだよ。頼むよ。
nice!(1)  コメント(2)