So-net無料ブログ作成
検索選択

《AFC 準々決勝》 2008-9-24 Thu   [サッカー]

浦和、G大阪、準決勝へ。鹿島は敗退。
相馬、やったね。素晴らしいボレー。ああいう場面では力みがちだけど冷静だった。早く代表入りしてほしい。今日の浦和は気迫にあふれていた。みんな前に向かっていた。録画して見たけど、全然早送りする気にならなかった。高原はずいぶん調子を上げてきた。ウズベキスタン戦には呼ばれると思う。G大阪もいい試合してたね。特に明神がよかった。懐かしい名前。相変わらず守備の職人だ、この男は。いぶし銀の風格。それにしても、次は浦和 vs G大阪。ああ、もったいない。いっそのこと両チームを合体させて決勝進出!ってことにならないものか。ジーコが率いることになるであろうウズベキスタンのクルフチは強そう。予想は浦和とクルブチで決勝。浦和の2連覇を願う。チケット入手は難しいだろうなあ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

《9月のベス・チャトー・ガーデン》 2008-9-12 Tue   [ベス・チャトー]

P1030976.jpg
P1030962.jpgP1030966.jpg
P1030992.jpgP1030982.jpg

今年3度目の撮影。初夏に比べ何だか地味だなあと思ったが、それは間違いだった。
ものすごく変化に富んでいる。珍しい形と色の多彩な植物が絶妙な配置で並んでいた。同じ場所でも見るたびに発見があり、見飽きることがない。やっぱりすごい庭だ。今回はベスさんの体調が悪く、彼女の撮影は全部で2時間も無かった。でも、今までで一番濃い時間を共にした気がする。最初に撮影した40分ほどのインタビュー。その最後に、私は「天国に庭はあると思いますか?」と聞いた。自然にそんなことが聞きたくなる対話だった。彼女はしばらく考えこんだ後、何ともいえない微笑みを浮かべながら、「天国は、ここよ。」と答えた。周囲の時間が止まった。彼女は我々スタッフ一人一人を抱きしめてくれた。熱いものがこみあげてきた。彼女も何か琴線に触れるものがあったのだろう。「ありがとう」と言ってくれた。自分に死期が近づいていることを感じながら、今を生きているベスさん。彼女の庭作りに大きな影響を与えた日本の生け花。その日本から撮影クルーがやってきたことを、とても喜んでくれている。ひょっとしたら彼女の最晩年を描くことになるかも知れないこの番組。やばい。だんだんプレッシャーを感じてきた。

P1040023B.jpgP1040014.jpg
P1040027.jpgP1040043.jpg
P1040026.jpgP1040047.jpg
P1040019.jpgP1030971.jpg
P1040060.jpgP1040020B.jpg

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

《光芒の渓》 2008-9-11 Mon   [雑感]

P1040089.jpg

BS-FUJI の「なるほど・ザ・ニッポン」という番組で熊本県の菊池渓谷を撮影した。
以前、フジのニュース番組のコーナー「リバーウォッチング」で取材した川と人を、益田由美さんが再訪するという番組。私は菊池渓谷が日本一美しい川だと思っている。今回9年ぶりに訪ね、改めてその思いを強くした。前回は見られなかった光芒も見ることができた。言葉にならない美しさ。辺りはマイナスイオンに満たされている。時間が止まったような気分。天候や湿度などの条件がうまく合わないと見られない。今年はもうこれでツキを使い果たしたかも知れない。その前に行ったイギリス・ロケでも、めったにない体験ができたし。

P1040094.jpgP1040114.jpg

取材した写真家の堀川さん、リポーターの由美さん、そして私は同年代。
生まれも育ちも仕事も違うが、何か通じるものがある。だから、あまり指示をしなくても撮影は進行していく。川や滝の音で二人の会話はよく聞こえなかったが、表情や仕草でどんな話をしているか大体わかる。仕事というより同窓会気分だね。3年前、堀川さんは崖から滝つぼへ転落し、頭蓋骨骨折という大けがをした。仰向けになって浮かんでいた堀川さんを救いあげてくれたのは、たまたま前日に知り合った若者ふたりだったという。いろんな幸運が重なって九死に一生を得た。放送は10月16日。それを聞いた堀川さんが驚いた。転落事故に合ったのも、その日だったのだ。我々も絶句。人の出会い縁のというのは、本当に不思議だ。忘れられないロケになるだろう。

P1040124.jpgP1040119.jpg
P1040148.jpgP1040172.jpg
P1040122.jpgP1040116.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

《W杯最終予選 日本 vs バーレーン》 2008-9-7 Sun [サッカー]

3:2で勝利したが‥‥
イギリス・ロケから帰国し、熊本ロケへ向かう間に帰宅し、録画で見た。こんなスケジュールは初めてだ。3:0まではよかったが、10人になったバーレーンに後半40分以降、続けて2点も取られるなんてなあ。守るために今野を入れて、かえって連携が悪くなった。稲本を使ってほしかった。ロングボールをほうり込まれると弱いのも相変わらず。一番気になるのは、このメンバーならいけるという形がないこと。これからも試しながらやっていくしかない。達也の切れ込みは効果があった。長谷部か憲剛か?遠藤か稲本か?FWの軸は?阿部がSBをやり続けるのか?これだけ見えないのも初めてじゃないか?カタールは強い。ウズベキスタンに3:0。もう中近東というより南米のサッカー。個人技がすごい。このままじゃ負ける。オーストラリアにも。先は暗い。高原と達也で攻めの連携を磨いていってほしい。小野は?小笠原は?何だかジーコ時代のメンバーばかり頭に浮かぶ。フレッシュな選手を見たいんだけどね。いない。ため息、ため息。厳しいなあ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ